スポーツスポーツ

次期監督は「桑田真澄」との声…中田翔が長期離脱すれば “巨人終了” 高まる原監督「途中解任」の可能性

スポーツ 投稿日:2023.05.04 21:30FLASH編集部

次期監督は「桑田真澄」との声…中田翔が長期離脱すれば “巨人終了” 高まる原監督「途中解任」の可能性

原監督と対立した桑田が次期監督として有力だ(写真・時事通信)

 

 一時の不振を脱し、ようやく浮上の兆しが見え始めた巨人。5月4日のヤクルト戦では、丸佳浩が起死回生のサヨナラ本塁打を放ち、2連勝。これで13勝15敗となり、4位に順位を上げた。

 

 ところが、この試合で中田翔が二塁に向かう途中、バランスを崩し、転倒しかかった。なんとかベースは踏んだものの立ち上がることができず、そのまま阿部慎之介ヘッド兼バッテリーコーチらに抱えられ、足を引きずりながらベンチに戻ったのだ。

 

 

「ただならぬ様子でしたね。ケガの具合によっては長期離脱も十分ありえそうです。中田はこの二塁打で8試合連続ヒットを記録。7本塁打はセ・リーグトップです。

 

 現在の巨人は先発投手陣が安定せず、4日現在、投手陣の防御率は4.14とセ・リーグワースト。試合をモノにするには打ち勝つしかありません。

 

 それだけに中田の離脱は大きな痛手となります。今シーズン、中田が戻ってこれないとなれば、巨人にとって優勝争いが早くも終わってしまう可能性もあります」(巨人担当記者)

 

 セ・リーグ制覇が至上命題の原巨人にとって、黄色どころか赤信号が灯ったことを意味する今回のケガ。当然、原辰徳 “全権監督” の責任を追及する声は大きい。

 

「原監督は3年契約の2年めですが、チームを弱体化させた責任を問う声が日増しに高まっています。V逸どころか、Bクラスほぼ確定となれば、途中解任もありえます。

 

 実際、原監督に全権を与えた山口寿一オーナーとの関係がギクシャクしているんです。このところ続く “迷采配” もそうですが、一昨年、山口オーナーはじめ周囲は、日ハムで暴力事件を起こした中田の獲得に反対しましたが、原監督が『俺が全責任を持つ』と言って押し切ったんです。

 

 その後、中田はチーム内で孤立したこともあり、成績不振。周囲は『それ見たことか』となったわけですが、このあたりから原監督と山口オーナーの関係が悪化したと言われています。今年は中田が好調だっただけに、今回の離脱は皮肉な結果ですよ」(同)

 

 では、このまま巨人が低迷したとして、次期監督は誰になるのか。スポーツ紙デスクが語る。

 

「これまでは阿部慎之介が大本命でした。引退後は2軍監督に据え、その後に1軍ヘッドコーチに昇格させたことからもわかるように、原監督は身近に置いて帝王学を学ばせようとしていました。

 

 ところが、阿部は “最初の課題” である後継者作りに失敗しました。大城卓三、小林誠司を一人前の捕手に成長させることができなかったのです。

 

 また、教え方が理論的ではなく、時代に反したスパルタなんです。当然選手からのウケも悪い。そのため、巨人は急遽、前監督だった高橋由伸に接近しました。2015年オフ、まだ現役を続ける意思を持っていた高橋を無理やり監督に据え、ほとんど準備がないなかで任命。

 

 結果、リーグでは2位、4位、3位と失敗してしまいました。フロントとしては、こちらのせいで敗軍の将にしてしまったという負い目があります。

 

 そこで近年、再び白羽の矢を立てようとしているのですが、高橋は、巨人の惨状を見て『弱すぎる』と首を縦に振らないそうです」

 

 そこで3番手として登場するのが「唯一、原に意見を言える男」だと続ける。

 

「いまの巨人コーチたちは、原監督に誰も意見を言えないイエスマンだらけです。今季ソフトバンクから移籍してきた松田宣浩をプロ入り後初となるセカンドを守らせ、しかもエラーが起きてしまいました。

 

 明らかにおかしい采配なのに、誰も『その起用はおかしい』と言えないんです。選手はそれを敏感に感じていて、いつもベンチを気にしながらプレーしています。

 

 そんななか、唯一意見を言えたのが、昨年の桑田真澄1軍チーフコーチです。昨年、巨人は8投手がプロ初勝利をあげました。これは投手を早く代えたがる原監督に対し、『成長させるには、ときに我慢が必要です』と根気よく説得した桑田の手腕でした。

 

 抑えに抜擢した(翁田)大勢が調子がいいと見るや、原監督は連投を指示。ですが、まだ1年めということもあり、桑田は『3連投はさせないでくれ』と守りました。

 

 結果、2人の関係は最悪のものとなり、桑田はシーズン終了後に辞意を申し出ました。ただ、さすがの巨人も、初勝利を8人も出した桑田の手腕を大きく買い、引き止めたんです。

 

 現在のフロント陣は、理論的かつ野球をよく勉強する姿勢を改めて認め、次期監督候補として桑田を考えています」

 

 現在、桑田は、ファーム総監督というポジションにいる。これは “全権監督” による実質的な降格人事だ。だが、これまでも幾度となく逆境を跳ね返してきた桑田。第20代巨人軍監督には、確かに適任かもしれない。

( SmartFLASH )

もっと見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事