スポーツスポーツ

中日・立浪監督に迫るデッドライン…谷繁氏の “休養” が決まった「借金15」に早くもあと1つ

スポーツ 投稿日:2023.05.22 17:00FLASH編集部

中日・立浪監督に迫るデッドライン…谷繁氏の “休養” が決まった「借金15」に早くもあと1つ

写真・時事通信

 

 中日が、5月21日の巨人戦(東京ドーム)に2−5で敗れ、7連敗。40試合を終えた時点で借金は今季ワーストの「14」となり、中日ファンの間で、ある発言を引き合いにした “不穏な噂” が囁かれ出した。

 

「借金15が休養ライン。谷繁(元信)監督がそうだった」

 

 過去にそう発言したのは、プロ野球中日戦の実況や『サンデードラゴンズ』(CBCテレビ)の司会で知られる、若狭敬一アナウンサー。若狭アナのこの発言を引き合いに、立浪和義監督にデッドラインが迫っているというのだ。

 

 

 SNSでは、立浪監督に対する厳しい声が多く飛んでいるが、一方で、ドラゴンズ生え抜きとして切り札的存在の立浪監督だけに、

 

《どんなに負けが込んでも満を持して就任したミスタードラゴンズに解任はないでしょ。自分から辞めますは十分ありえるけど》

 

《借金15が休養ライン?そんなものが立浪に適用されるとは思わないな》

 

 などの声も飛んでいる。

 

 改めて振り返ってみると、2014年シーズンから落合博満GMのもと、中日ドラゴンズの選手兼任監督として指揮をとった谷繁監督は、専任監督となった3年めの2016年、シーズン途中の8月9日に休養が発表されている。8月7日の横浜DeNA3連戦で球団史上48年ぶりとなる8カード連続負け越しを喫した中日は、この時点で借金15の最下位に沈んでいた。

 

 会見に同席した佐々木崇夫球団社長(当時)は、報道陣に対して、

 

「プロスポーツの監督は選手を統率、指揮して勝利へ導く、そして出た結果にはすべて責任を負うという宿命を背負っています。こういった観点から、誠に心苦しく、かつ不本意ではありましたけれども、監督に一定のけじめをつけてもらうべく、休養のお願いをさせていただいた次第であります」

 

 と説明。成績不振の責任を取らせた事実上の解任だった。

 

 その谷繁監督の後を受け、2019年から2021年まで指揮をとったのが与田剛監督だ。2020年に8年ぶりのAクラス入り(3位)を実現させた与田監督だが、3年契約の最終年となる2021年シーズン、10月12日に「今季(2021年)限りでの退任」が発表された。

 

 与田監督の場合は、思うように成績が上向かない責任を取って、9月下旬から10月上旬の間に自ら球団に退任を申し入れたとされている。順位は5位だったが、10月8日の横浜DeNA戦を終えた時点での借金は15だった。

 

 つまり、谷繁監督も与田監督も借金15の時点で、休養および退任を発表しているのだ。これが偶然なのかはわからないが、結果的に「借金15が休養ライン」を裏づけるかのような不吉なデータである。

 

 ちなみに昨季は、3度「借金14」の窮地に陥りながら、その都度踏みとどまり、最終的に66勝75敗2分けの借金9でシーズンを終えている立浪ドラゴンズ。またしても危険水域に入ってしまったが、なんとか踏みとどまって、浮上のきっかけを掴んでほしいものだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事