最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1663号
10月18日・25日号
10月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

大谷翔平「メジャー挑戦」でひと儲けを狙う日ハムの皮算用

スポーツ 投稿日:2017.09.21 06:00FLASH編集部

大谷翔平「メジャー挑戦」でひと儲けを狙う日ハムの皮算用

 

「2014年に楽天・田中将大が、ヤンキースと7年契約、総額約159億7000万円で契約したのに比べて、契約金が最大約6億3000万円は、破格の安さと言わざるをえません」(球団関係者)

 

 大谷翔平(23)が、今オフにポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する。日ハムに入団してまだ5年。 もちろん、同システム導入後、日本人最速となるが、日ハムサイドには早めに売りたい事情があった。

 

「2011年に、ダルビッシュがポスティングを利用して移籍した際、入札金として約40億円が日ハムの懐ろに入った。だが2013年に同制度が改革され、メジャー球団から支払われる譲渡金は、最大約22億円に抑えられることになった。このシステムは現在、日米間で協議中だが、来年以降、大幅に減額される可能性がある。1円でも高く売りたい日ハムとしては、この時期に移籍させるしかなかった」(担当記者)

 

 また、日ハムにはチームバランスなどを考えて、年俸を3億円以上出さないという不文律がある。例外は、メジャー移籍前のダルビッシュだけ。現在、大谷の年俸は2億7000万円だが、もし、来年残留して活躍すれば、3億円をオーバーすることは確実だ。

 

 さらに、移籍に拍車をかけている要因がある。

 

「日ハムは、札幌ドームの使用料が高すぎるため、新球場設立の予定。そのための “大谷資金” をあてにしている。しかも、シーズン終盤FA権を取得する中田翔を他球団に高く売るはずだったが、絶不調。阪神に移籍する話もあったが、ここにきて撤退したという話がある」(球団関係者)

 

 一方、あるスポーツ紙デスクは、「日ハムは大谷の移籍前後で、ひと儲けしようと目論んでいる」と語る。

 

「12日の登板時、16球団32人のスカウトらが集結しましたが、彼らは、日ハムサイドが声をかけて、半ば招待された形でした。そこで大谷の素晴らしさを再度見せつけて、商品価値を上げたかったわけです。

 

 このタイミングでメジャー移籍を発表したのも、CS進出の可能性が消えたいま、残り試合をたんなる消化試合にしたくなかったから。“大谷見納め興行” で、少しでも稼ぎたいと。

 

 また、大谷がメジャーに移籍すれば、グッズ収入はメジャーにマージンを持っていかれてしまう。そこで、メジャー絡み以外の個人グッズやシーズンオフの国内イベント、テレビ出演におけるマネージメント業務からマージンを稼ごうとしている」

 

 大谷は今季終了後、右足首の手術に踏み切る。「メジャー挑戦はカネじゃない」と言い切る怪物が、いよいよ夢をかなえる時が来た。
(週刊FLASH 2017年10月3日号)


続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入