スポーツスポーツ

安樂智大 口癖は「田中さ~ん、言ってやってくださいよ」マー君「反省投稿」も“後ろ盾”向けられる厳しい視線

スポーツ 投稿日:2023.12.03 06:00FLASH編集部

安樂智大 口癖は「田中さ~ん、言ってやってくださいよ」マー君「反省投稿」も“後ろ盾”向けられる厳しい視線

写真は、安樂のInstagram(6月27日投稿)より。この日は福岡で、一人前1500円ほどの「もつのすき焼き」を囲み、田中が後輩らにごちそうしたという

 

「率先して注意すべきであった、意識が甘かった」

 

 12月1日、Xにこう投稿したのは、楽天田中将大投手。言及したのは、後輩選手へのパワハラが報じられた安樂智大投手についてだ。暴言LINEや、ロッカールーム内で若手を倒立させ、下半身の露出を強要するなど、陰湿な行為が問題視されている。

 

 

「球団のアンケートでは、彼のパワハラを見聞きしていた選手、スタッフは40人ほどに上り、先輩選手が見て見ぬふりをしていた疑いがもたれています」(楽天担当記者)

 

 疑惑を受けてか、冒頭のように“反省”を口にした田中。だが、「意識が甘かった」ではすまされない証言もある。

 

「球団は楽天復帰後、田中にリーダー役を期待したが、若手には恐れ多く、当初はチーム内で孤立気味だった。そんな田中の懐ろに入ったのが安樂です。強い後ろ盾を得た彼は増長し、後輩選手へのパワハラを見ても田中はニヤニヤするだけ。安樂が『田中さ~ん、こいつに何とか言ってやってくださいよ』とたびたび口にするので、誰も彼に注意できませんでした」(同前)

 

 気高いはずの鷲は、いつの間にか虎の威を借る狐に堕ちていた――。

( 週刊FLASH 2023年12月19日号 )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事