最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「マギー、脚本書きなよ」 大森南朋・中村獅童がアドバイス

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.09.07 20:00FLASH編集部

「マギー、脚本書きなよ」 大森南朋・中村獅童がアドバイス

 

「大学時代、『天下一品っていう、うまいラーメン屋があるらしい』と聞いて、友達の車で江古田へ食べに行ったんですよ。それが本当に、『うわーっ!』って衝撃を受けるぐらい、うまくてね」

 

 東京・杉並区八幡山にある「天下一品」で、噴き出す汗も気にせず麺を頬張るのは、「八幡山店の味が好き」と話すマギー。「天下一品」といえば、「こってり」か「あっさり」。マギーは、30年間変わらず「こってり派」だ。

 

 

「『なんだ、このスープは!』っていう、いつ食べても最初のときと同じ衝撃があるんですよ。自分の中で日常にしたくないので、仕事が一段落したときや頑張ろうというときに食べる、ご褒美みたいな特別な一杯です」

 

 俳優・脚本家・演出家と、多彩な顔を持つマギーだが、最初に目指したのは「お笑いを演(や)る人」だった。

 

「僕は小学校を3回転校しているんですが、どちらかというと、はしゃいでる同級生を『子供っぽいな』って見てるような、学級委員タイプだったんです。でも、3つめの学校に転入したときに、『みんなは僕のこと知らないんだよな』って。

 

 そう思ったら、ふと『おもしろい人でいきたいな』って考えが湧いてきて。お調子者に憧れみたいなものがあって、『なれるなら、なりたいな』って気持ちがあったんでしょうね」

 

 転入生として教室に入るなり、つまずいて転ぶまねをしてみた。すると、教室全体がドッと沸いた。

 

「もう、それが気持ちよくって。『こんな楽しいことがあるんだ』って思いましたね。それからしばらく、先生に当てられるたびに、とぼけたことを答えて、みんなが笑う。そんなことを繰り返してるうちに、いつしか “クラスでいちばんおもしろいヤツ” になってました(笑)」

 

 それからは子供なりに、お笑い番組を一生懸命見た。竹中直人、イッセー尾形、シティボーイズなど、演劇的な手法で笑いを取るコントに憧れた。なかでもマギーにとってのアイドルは、タモリだった。

 

「当時、多くの子供は机のシートに、好きなアイドルや野球選手の切り抜きを入れていたんですが、僕が入れていたのはタモリさん。母親にお笑いを目指したいと話したら、タモリさんみたいになれって言い出してね(笑)。

 

 タモリさんの番組は、よく見ました。いま、僕の仕事でいちばん好きなのは、『タモリ倶楽部』に出演することです(笑)」

 

 兵庫県・神戸市で高校生活を送ったマギーは、お笑いを演るために東京を目指し、明治大学に入学する。お笑いを目指すなら、人気のある劇団などに入るか、オーディションを受けるのがルートだと思っていた。

 

 ところが自分たちで脚本を書き、観客を集めて公演が打てることを知る。養成所に入り、誰かのもとで階段を上っていくより、自分で書いて演出するほうが合っていると気づく。

 

「サークルにいたメンバーに、『本気でやるけど、ついてきてくれる人いる?』って誘って、ついてきてくれたのがジョビジョバの5人だった。そこから世間が振り向いてくれるまでが、びっくりするぐらい早かったんですよ。もう、完全に勘違いしてました(笑)」

 

 マギーがリーダーを務めたジョビジョバは、1993年に活動開始。またたく間に人気となり、大学のホールの動員記録を塗り替え、チケットは即日完売。上演するホールは回を重ねるごとに大きくなり、大旋風を巻き起こす。

 

「うちのメンバーは、お笑い志向ではなかったから、7年め過ぎぐらいからギクシャクしはじめて。勢いのある波に乗っていたはずなのに、いつの間にか飲まれちゃった。

 

 やめるべきか悩んでいるときに、ジョビジョバのスタッフだった中学の同級生が『なんで悩んでるの? マギーは、もうソロでやるべきだよ』と言ってくれたのもあって、活動休止を決心しました。そうしたら、ほかのメンバーも同じ気持ちで、覚悟ができていました」

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入