エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

華原朋美、離婚報道で「いい加減幸せになってほしい」とファン悲鳴…2022年は元夫のDV報道に肺炎&声帯の不調と “受難” 続き

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.12.22 16:36FLASH編集部

華原朋美、離婚報道で「いい加減幸せになってほしい」とファン悲鳴…2022年は元夫のDV報道に肺炎&声帯の不調と “受難” 続き

 

 12月21日、「文春オンライン」が歌手の華原朋美と夫の大野友洋氏が離婚していたと報じた。SNSでは、華原を案じる声が相次いでいる。

 

 2022年5月、大野氏に結婚歴があり3人の子供がいたこと、元妻に対するDV疑惑があることが「週刊文春」で報じられると、華原はその1週間後に大野氏と離婚。華原は離婚後も「俺は変わる」という言葉を信じ、SNSで夫婦のフリを続けてかばってきた。

 

 

 だが、ギャラなど金銭面でも嘘をつかれていたことが発覚し、決定的に関係が悪化。文春の直撃に対し、華原は「彼とは二度と会いたくない」と話したという。一方、大野氏はいまも「離婚していない」と言い張っているとも伝えられた。

 

 報道をうけ、SNSでは華原に対し「早く幸せになってほしい」と、ファンからの悲鳴のような声が多くあがっている。

 

《華原朋美の曲大好きだからいつか本当に幸せになって欲しい、余計なお世話かもしれないけど……》

 

《華原朋美、すごく好きだったんだよ~!!いや、今ももちろん好きなんだけども。やっと元気に、また歌ったりできるようになったんだな~って嬉しかったのにな…報じられていることが本当なら酷い裏切りじゃないか。利用されてただけじゃん》

 

《結婚前からいろいろ言われてたし、外から見たら「やっぱり」なんだけど、いつも悪い男に引っかかって・・・いい加減幸せになって欲しい》

 

 振り返れば、2022年は “受難” 続きだった華原。ある芸能記者がこう語る。

 

「華原さんは、5月の文春報道を受け、夫が運営する事務所『伝元』から一度独立したものの、10月にあらためて夫によるマネジメントを発表していました。

 

 しかし、その後も『女性セブン』が、大野氏と華原さんとの間に給料トラブルが起きていること、茨城県にある大野氏の豪邸が差し押さえられていることを報じています。

 

 そうした心労もあったのか、10月には肺炎や声帯の不調をブログで報告。2019年に生まれた長男のことを考え、入院せずに連日点滴を受けるため通院したそうです。そして、体調が戻った喜びを投稿したわずか36分後、カレンダー撮影の中止が急遽決まったと無念そうに書き込んでいるのです。

 

 華原さんは12月末で『伝元』をやめるようですが、なにかと心休まらない1年になってしまいました」

 

 2021年8月に結婚した際は、「今までいろんなことがありましたけど、それもこれも全部今は幸せに思います」と語っていた華原。大野氏との決別を経て、いま何を思うのだろうか。

( SmartFLASH )

もっと見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事