エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「何を勘違いしてるんだろう」木村拓哉、ジャニーズ会見後の『show must go on』投稿に非難相次ぐ

エンタメ・アイドル 投稿日:2023.09.08 16:20FLASH編集部

「何を勘違いしてるんだろう」木村拓哉、ジャニーズ会見後の『show must go on』投稿に非難相次ぐ

 

 9月7日、ジャニーズ事務所が開いた会見が、いまだ話題を呼んでいる。もちろん、所属タレントのSNSも注目の的だ。

 

 故・ジャニー喜多川氏の性加害問題について外部専門家からの調査報告を受け、記者会見を開いたジャニーズ事務所。出席したのは、藤島ジュリー景子社長と「ジャニーズ・アイランド」社長の井ノ原快彦、そして所属タレントの東山紀之と、弁護士の木目田裕氏だ。

 

 会見冒頭、藤島社長は性加害問題を事実と認め、謝罪。引責として同事務所の社長を退任し、後任には東山が就任すると発表した。

 

 

 性加害を認識していたか、なにかしら行動していたのか、という報道陣の質問に、東山はこう語っている。

 

「恥ずかしながらなにもできず、しておりませんでした。噂としてはもちろん聞いておりました。被害を受けたこともなく、受けている現場を見たこともなく、自ら行動することはできずにいました。反省も込めて、今後は対応していきたいと考えております」

 

「僕は喜多川氏を信じておりましたから、暴露本は読んでこなかった。父のような、母のような存在。あってほしくないと思っていた。仕事をしていくなかで、いつしかそういうことも忘れていった。その繰り返しだった」

 

 ジャニー氏の性加害について、「人類史上、最も愚かな事件」と断じた東山。会見では、ジャニー氏に怒りをぶちまける言葉も聞かれたが……。

 

「そのいっぽうで、注目されたのが、東山さんに次ぐ “ジャニーズの柱” ともいえる、木村拓哉さんです。

 

 木村さんは会見後の7日夜、Instagramで自撮り画像とともに、《show must go on!》と投稿しました。これは、紛れもなくジャニー氏が所属タレントに伝えてきたとされるモットーです。

 

 もちろん、木村さんが今の地位を築いたのは、ジャニー氏によるものが大きいと思いますが、新社長の東山さんはジャニーさんの “罪” を会見の場で断じたわけです。

 

 早くも足並みがそろっていないことが浮き彫りになってしまいましたね……」(芸能記者)

 

 SNSやニュースのコメント欄でも、木村への批判の風が強い。

 

《言葉少なく的確な一言を選べてるつもりになってるのだろうけど、言葉も行為もダサいし古いし、カッコつけを挟むような事柄ではないのに、この人は何を勘違いしてるのだろうと映る。》

 

《気持ちが解らないではないが言葉の使い方はやはり考えるべきだったのだろう。》

 

《自分の地位をあげてくれた方として慕う気持ちはあるのでしょうけど、被害者が多くいることへの配慮も必要です。ご自身にもお子さんがいらっしゃってその言動は、組織の中でも守られて来た立場の人の幼さという感じを受けます。》

 

 はたして木村は、この問題をどう受け止めているのか。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事