エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

サバンナ八木「仮想通貨」で大失敗、家族旅行が仮想旅行に…

エンタメ・アイドルFLASH編集部
記事投稿日:2018.12.21 20:00 最終更新日:2018.12.21 20:00

サバンナ八木「仮想通貨」で大失敗、家族旅行が仮想旅行に…

 

 仮想通貨にとって値下がりよりもシャレにならないリスクは、いいかげんな管理方法が原因で、盗まれたり紛失してしまったりすること。

 

 かつて仮想通貨が大ブームだったという吉本の芸人のなかにも、管理のずさんさから資産を失った、あるいは失いかけた有名人がいる。

 

 

 購入した仮想通貨は口座に置きっぱなしにせず、ウォレットに入れて保管するのが基本。それを怠っていたのが、サバンナ・八木真澄だ。

 

 コインチェックの流出事件の被害に遭い、購入したネム約30万円分が消えた。事件直後のイベントでは、次のような自虐ネタを披露している。

 

「家族旅行に行くつもりが、仮想旅行になってしまいました。ハワイに行ったつもりで、自宅で安いステーキを焼いて食べましたよ」

 

 同様に、ロンドンブーツ1号2号・田村淳は「マウントゴックス」の取引停止事件の際、自身のツイッターでビットコインを保有していることを告白。

 

「俺のビットコインどうなるんだろうか……」と、成り行きを心配していた。

 

 その後、淳は新たに2ビットコインを購入。ウォレットに移して保管していたが、あろうことかパスワードを忘れてしまい、取り出すことができなくなってしまったという。

 

 過去のメールを徹底的に検索し、奇跡的にパスワードを発見。サルベージに成功した。どんなに価格が上がっても、手に入らなくなってしまえば意味がないのだ。

 

(週刊FLASH 2018年12月25日号)

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る