スポーツスポーツ

山縣亮太 「愛用の包丁には自分の名前を…」知られざる “釣り好き” 素顔

スポーツFLASH編集部
記事投稿日:2021.07.17 06:00 最終更新日:2021.07.17 06:00

山縣亮太 「愛用の包丁には自分の名前を…」知られざる “釣り好き” 素顔

 

 開幕を目前に控えたオリンピック。開催を強行しての緊急事態宣言、各地において無観客試合の決定など、問題は山積……でも、どうせ開催されるなら、楽しまなきゃ損!

 

 今回、本誌は東京五輪「注目アスリート」のルーキー時代を総力取材。東京五輪で “金” を狙う選手たちのことをもっと知って、応援しよう。

 

 

 6月25日におこなわれた陸上日本選手権2日目の男子100m決勝。9秒95の日本記録を持つ山縣亮太(29)は、ぎりぎりの3位でその切符を掴んだ。4位のとのタイム差は、わずか1000分の1秒――。

 

 今回、主将として大会に臨む山縣。2016年のリオ五輪では4×100mリレーで銀メダルを獲得し、慶應義塾大学競走部の後輩である本誌編集部員から「祝福取材」を受けた。そんな山縣の意外な素顔を明かすのは、彼をよく知る関係者。

 

「大の釣り好きで、釣った魚は自分でさばくほど。しかも愛用の包丁には『亮太』と自分の名前入りというこだわりを持っています」

 

 日本新を樹立し、シーズン後には、所属先から両親との世界一周旅行が特別ボーナスとして支給される予定だ。

 

(週刊FLASH 2021年7月27日・8月3日合併号)

今、あなたにおすすめの記事

スポーツ一覧をもっと見る