スポーツスポーツ

大谷翔平ドジャース入団で「中日ユニホーム」爆売れ! ガチであった「間違い」事件、「背番号17」柳の共通点とは

スポーツFLASH編集部
記事投稿日:2023.12.16 19:39 最終更新日:2023.12.16 19:49

大谷翔平ドジャース入団で「中日ユニホーム」爆売れ! ガチであった「間違い」事件、「背番号17」柳の共通点とは

ドジャーズのユニホームを着た大谷翔平(左 写真・AP/アフロ)とドラゴンズのユニホームを着た柳裕也

 

 エンゼルスからFAとなり、ドジャースへの入団が決まった大谷翔平。入団会見で、大谷は白地にブルーの筆記体が書かれたドジャースのユニホームに、袖を通した姿を初披露した。

 

 ドジャースのユニホームが中日ドラゴンズのユニホームと似ていることで、パッと見、大谷がドラゴンズのユニホームを着ているように見えることから、SNSでは、

 

《大谷まじで中日のユニに見えるw》

 

 

《これ大谷翔平の中日ドラゴンズ入団記者会見って言っても信じる人いそう》

 

《大谷翔平、ドラゴンズ入り! と思い込もうとしている中日ファンは、70%はくだらない。と思う》

 

など、妄想を繰り広げる複数の中日ファンの声が見られた。

 

 実際に、中日のホーム・ユニホームは「ドラゴンズ」の書体がドジャース風なのだが、これは1987年に中日がドジャースと業務提携していたことに由来している。故・星野仙一さんが中日の監督(第1次星野政権)だった時代に、ドジャースから許可を取り、ドジャース風デザインのユニホームが実現したという。

 

 しかし、ドジャースのユニホームとあまりにも似ているせいで、いまから33年前には選手の入団会見でドジャースのユニホームが紛れ込んでしまう「ガチの間違い」事件も起こっている。

 

「星野監督同席のもと、1990年12月におこなわれたドラゴンズの新人選手の入団発表会見では、ドラフト1位の小島弘務投手や、のちに阪神の監督もつとめた矢野燿大捕手らがドラゴンズのユニホームに袖を通して、会見に臨みました。その輪のなかで、ドラフト外入団の富永章敬(あきのり)投手だけが、ドジャースのユニホームを着ていたのです」(スポーツ担当記者)

 

 この“珍事”は先日、メ~テレ(名古屋テレビ放送)の情報番組でも取り上げられた。同番組が、当時を知る球団関係者に取材をしたところ、「入団会見用ユニホームを別の場所で保管し、ドジャースのユニホームも同じような場所で保管していたが、デザインが非常に似ているので、いつからか混ざってしまった。気づかず新人選手に渡してしまったのでは」と説明。この件で、番組の取材を受けた中日OBの小島弘務氏も、当時は「気づいていなかった」と驚いていた。

 

 それほどまでに中日とドジャースのユニホームが似ていることもあって、大谷のドジャースのユニホームを買えないファンが、中日のユニホームを買い求めるという現象まで起こっているようだ。X(旧Twitter)では「中日ユニホーム」がトレンド入り。なかでも、大谷と同じ背番号17の柳裕也投手のユニホームが爆売れしているという。

 

「柳投手は、背番号だけではなく、大谷選手と同い年。今シーズンは打線の援護に恵まれず、4勝11敗の成績に終わりましたが、防御率は2.44とチーム1位の成績を残しました。今季、得点数がリーグワーストの390点で、1試合平均得点は2.73と貧打に苦しんだドラゴンズにあって、味方が点を取ってくれないなか、腐らずに粘り強く投球を続ける柳の姿は、ドラゴンズファンの胸を打つ献身的なものでした。打線の強い他球団だったら、勝ち星と負けが逆だったのではないかといわれたほどです。

 

 契約更改では、1度めは保留したものの、2度めの交渉で、今シーズンの年俸1億800万円から4000万円アップの推定1億4800万円でサインしています」(前出・スポーツ担当記者))

 

 そんな柳は小学校6年生のとき、野球を教えてくれた父親を交通事故で失くしている。その父は、ある日、試合で打たれて泣いて帰ってきた柳に「お父さんだってなぁ、悔しいことはいっぱいある。でもな、裕也、男の子はどんなにつらくても、泣いちゃダメだ! お母さんが心配するだろ! 約束だぞ!」と言葉をかけたという。

 

 その教えを守って、小学校6年生の柳は父の告別式で「お父さん、ぼく、プロ野球選手になってお母さんと妹を守ります。だから安心してください!」と、泣かずに挨拶。プロ1年めの6月18日(日曜日で「父の日」だった)に、西武との交流戦で初勝利を挙げた際には、お立ち台で「ウイニングボールは、お父さんの仏壇に置こうと思っています」と語り、ファンの涙腺を緩ませた。柳も大谷同様、その人柄も評価されている選手なのだ。

 

 最近、岐阜県でおこなわれたイベントに出席した際に、大谷の話題を振られた柳は「1015億円でしたっけ、すごいですね。僕はこの前(契約)保留したんですけど、俺は何やってたんだろうって」と謙虚に語っていたが、大谷のドジャースのユニホームが品薄の間は、柳のユニホームがまだまだ売れ続けるかもしれない。

( SmartFLASH )

今、あなたにおすすめの記事

スポーツ一覧をもっと見る