エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「遅い、遅すぎる」…『セクシー田中さん』日テレが「調査チーム」を設置…原作者死去から約3週間後の対応に厳しい声

エンタメ・アイドルFLASH編集部
記事投稿日:2024.02.16 15:22 最終更新日:2024.02.16 15:38

「遅い、遅すぎる」…『セクシー田中さん』日テレが「調査チーム」を設置…原作者死去から約3週間後の対応に厳しい声

(写真・共同通信)

 

 2月15日、日本テレビが「ドラマ『セクシー田中さん』について」と題する文書を発表した。文書では、原作者の芦原妃名子さんへの追悼の言葉に始まり、

 

「日本テレビでは今回の事態を極めて厳粛に受け止め、これまで独自に社内調査を行っておりましたが、原作漫画『セクシー田中さん』の出版社であり、ドラマ化にあたって窓口となっていた小学館にもご協力いただき、新たに外部有識者の方々にも協力を依頼した上、ドラマ制作部門から独立した社内特別調査チームを設置することにいたしました」

 

 

 と、新たに調査チームを立ち上げることを報告。そのうえで

 

「早急に調査を進め、真摯に検証し、全ての原作者、脚本家、番組制作者等の皆様が、より一層安心して制作に臨める体制の構築に努めてまいります」

 

 としている。

 

 2023年10月から日本テレビ系で放送された『セクシー田中さん』の漫画原作者である芦原さんは、1月29日に栃木県内で死亡しているところが発見された。1月26日には、ドラマ化の過程で原作を改変する動きがあったことなどをXに投稿していた。

 

 SNSでは、原作者の死去から約3週間後という設置のタイミングに

 

《遅い、遅すぎるよ なんなの?他人事なら「説明責任!」「第三者委員会で明らかに!」と声高に報道しまくってたのに、自社の事になったら殆ど報道せず『社内』調査チームですか?ホントに呆れる》

 

《今更感満載 最初の日テレコメントや対応を見ている限りパフォーマンスにしかみえないよね》

 

《先生があんな丁寧に、経緯を説明するほどしんどい思いをしてたのに今更だよ…今更って思うけど、やらないよりは良いのかと思いつつ、遅すぎてな…》

 

《皆と思う処同じ。今更感。原因解明できないと再発防止は不可能だからなぁ。人を大事に出来ない日テレに地球は救えんよ》

 

 など、批判の声があふれている。

 

 日本テレビは1月29日、ドラマの公式サイトに

 

「日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」

 

 とのコメントを掲載。これに対して「日テレの保身にしか思えない」「第一声がこれか」などの非難が殺到していた。

 

 原作を連載していた小学館は2月8日、「二度とこうした悲劇を繰り返さないために、現在、調査を進めており、今後、再発防止に努めて参ります」とのコメントを出している。

( SmartFLASH )

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る