最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

円買い介入「過去最大」3兆円半ばも円安は再加速「辞めときゃよかった」「3兆円をドブに」識者からも猛批判

社会・政治 投稿日:2022.09.27 17:41FLASH編集部

円買い介入「過去最大」3兆円半ばも円安は再加速「辞めときゃよかった」「3兆円をドブに」識者からも猛批判

日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁(写真・時事通信)

 

 9月22日に、政府・日銀が実施した24年ぶりの円買い介入が、最大で3兆6000億円規模にのぼると推計されることがわかった。1998年4月10日の2兆6201億円を超える規模で、過去最大だった可能性がある。

 

 日銀は26日、当座預金残高の見通しで、27日は財政等要因が3兆6000億円の不足になるとの見通しを公表した。介入がなくても、27日時点の残高は0~数千億円程度の減少が見込まれており、為替介入の実施額は、差額の3兆円台半ばと推計されるという。

 

 

 22日の円買い介入で、米ドルは145円90銭から140円31銭へと押し戻されたが、連休明けの26日の外為市場では再び一時144円まで戻り、27日も144円後半から前半を推移。介入の効果が早くも薄れている。

 

 経済評論家の藤巻健史氏は9月26日、自身のTwitterにこうつづった。

 

《金曜日の介入は円買い介入としては史上最高額、それでたった6円の押し下げ効果しかなく、それも一時的で、すでに元のレートに戻りつつある。しょぼい、恥ずかし。辞めときゃよかったのに》

 

 9月27日には、立教大学大学院の金子勝特任教授が、自身のTwitterにこうつづった。

 

《【3兆円をドブに捨てた為替介入】22日の円買いドル売り介入は3兆円規模で過去最大だったが、1週間であっという間に、もずくと消えた》

 

 ネット上でも、過去最大規模となる3兆6000億円もの円買い介入について「焼け石に水」という声が多く上がった。

 

《3兆円いれて結局逆戻り。やっぱ焼石に水だよなぁ》

 

《日本一国で介入しても一時的効果しかない。つまりただのパフォーマンス》

 

「アメリカなど、各国の中央銀行が金利の引き上げに動いた一方、日銀は金融緩和の継続を決めています。さらに、黒田東彦総裁は『当面、金利を引き上げることはない。当面というのは数カ月の話ではなく2、3年の話』と、異例ともいえる発言をしました。

 

 介入資金も無尽蔵にある訳ではありません。日銀が動かない以上、今後も政府が円買い介入をしても、長期的な円安の流れを止めるのは難しいですよ」(経済部記者)

 

 黒田総裁の任期は2023年の4月まで。このまま日銀は金融緩和政策を続けるのだろうか。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入