スポーツスポーツ

大谷翔平、カクテルの好み聞かれ「ピザ」と勘違い…グラウンドも沸かす、ジョークでも沸かす

スポーツFLASH編集部
記事投稿日:2024.05.07 16:21 最終更新日:2024.05.07 16:35

大谷翔平、カクテルの好み聞かれ「ピザ」と勘違い…グラウンドも沸かす、ジョークでも沸かす

写真:AP/アフロ

 

 2022年、二刀流メジャーリーグを席巻していた大谷翔平に対し、多くの米メディアが「オオタニはなんでもできる」と賞賛の声をあげた。ただし、それは野球に限った話で、私生活ではたびたび “ダメダメ” ぶりが報じられている。

 

 古くはメジャー1年めの2018年。当時のマイク・ソーシア監督から「野球が好きなのはわかる。でも、ここはロスなんだから、もうちょっといろんなところに行ってもいいのでは。ディズニーランドもあるんだし」と言われ、兄貴分のマイク・トラウトからも「私服が残念な選手? 間違いなくショウヘイだね(笑)」とダメだしを食らった。

 

 

 2024年5月3日におこなわれたチャリティイベント「ブルー・ダイヤモンド・ガラ」では、真美子夫人とお揃いのブラックコーデで登場。自身が契約するBOSS製の黒のダブルのスーツだったが、かなり緩めのスタイルだったため、SNSでは「スタイリストをつけたほうがいいのでは?」と言われたほどだった。

 

 そんな大谷が最新の “ダメダメ” ぶりを発揮したのは、5月6日のこと。5月5日はメキシコの祝日だったこともあり、地元テレビ局「スポーツネットLA」が、メキシコの酒テキーラのカクテルにちなんで「好きなマルガリータの味」をドジャースの選手たちに質問した。

 

 ムーキー・ベッツは「いちご味が大好き」、ミゲル・ロハスは「スパイシーな味」と答えたあと、大谷にも聞く。すると大谷は「ピザ」と回答した。

 

 カクテルのマルガリータとピザのマルゲリータをかけたジョークだったのか、あるいは大真面目の回答だったのかは定かでないが、放送席は大爆笑となり、大いに沸かせたという。

 

 一方、いざグラウンドに立てば絶好調を維持。4月29日から5月5日までで5試合に出場し、打率.524、3本塁打、7打点で自身8度めの週間MVPに輝いた(日本人最多)。

 

 また、打率、本塁打に加え、安打数、2塁打、長打率、長打数、塁打、そしてOPSとじつに8つの打者指数で30球団トップに立っている。

( SmartFLASH )

続きを見る

今、あなたにおすすめの記事

スポーツ一覧をもっと見る