エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

山里亮太、父親がAKB48名乗る迷惑メールに騙されて「これはイカン!」

エンタメ・アイドルFLASH編集部
記事投稿日:2021.11.19 11:00 最終更新日:2021.11.19 11:00

山里亮太、父親がAKB48名乗る迷惑メールに騙されて「これはイカン!」

 

 南海キャンディーズの山里亮太が、11月17日放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、自身の父親に届いた迷惑メールについて語った。

 

 山里は父から、「亮太に送ろうと思って間違ったのが、お父さんのところに来た」と連絡を受けた。そこには「AKB48の○○です。これからどういうふうに自分が立ち振る舞っていいかわからないので、あなただったら答えを出してくれると思って」と明らかな迷惑メールだったという。

 

 

 だが、そのメールを父は「亮太、向こうも相当真剣だぞ」と、本当にアイドルからのものだと思い込んでいたという。山里は「これはイカン!」と、騙された父のことを心配。リスナーに向けても「危険なんです。年末にかけて、ひっかけに来る奴いますよ」と呼びかけていた。

 

「同番組で山里さんは、山下智久さんを名乗る迷惑メールが来たエピソードも披露しています。『携帯、水没させちゃって、マネージャーから一時的に携帯借りて、メールしたってわけ』との内容だったそう。さらに『智久だけど、このアドレスって、レンので合ってるよな?』と、King & Princeの永瀬廉に送っているかのような文面だったそうです」(芸能ライター)

 

 迷惑メールには注意が必要だ。

 

( SmartFLASH )

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る