社会・政治社会・政治

三浦瑠麗の夫ついに逮捕!記者にみせていた “チンピラ同然” 舌打ち恫喝「んなぁんだよ!」

社会・政治FLASH編集部
記事投稿日:2023.03.07 15:20 最終更新日:2023.03.07 15:21

三浦瑠麗の夫ついに逮捕!記者にみせていた “チンピラ同然” 舌打ち恫喝「んなぁんだよ!」

トライベイキャピタル社から出てきた三浦清志氏。本誌の直撃に、怒りを露わにした

 

 3月7日、国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫で、投資会社トライベイキャピタル(以下、トライベイ社)代表の三浦清志容疑者が、4億2000万円を横領したとして逮捕された。

 

 報道によれば、三浦容疑者は、トライベイ社の債務を返済する目的で、関連会社の資金をトライベイ社に送金した疑いが持たれているという。

 

 三浦容疑者は、弁護士を通じて、「業務上横領に当たるような罪を犯したことは決してありません」とコメントを発表。「当局に最大限協力して理解を求めてまいりましたが、見解の相違によりこのような事態に至ったことは大変残念に思っております。私は、今後とも無罪を主張してまいります」とも宣言している。

 

 

「1月19日、三浦瑠麗さんと夫・清志容疑者の自宅、そしてトライベイ社に、東京地検特捜部が家宅捜索に入りました。同社は、都内の投資会社に、将来的にも稼働する見込みのない太陽光発電事業へ10億円出資させたとして、詐欺容疑で刑事告訴されました。さらに清志容疑者は、この10億円を流用した業務上横領の疑いが持たれています。

 

 瑠麗さんは20日、自身のシンクタンク『山猫総合研究所』のサイト上で、同社の経営には関与していないとコメントしましたが、テレビ番組は『めざまし8』(フジテレビ系)も『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)も、詳しい説明がないまま、出演が取りやめになっています。

 

“辛口コメンテーター” としてポジションを築いてきた売れっ子でしたが、今回の逮捕もあり、復帰の道のりはますます厳しくなったかもしれません」(週刊誌記者)

 

 夫婦揃って痛手を負ったといえる今回の騒動。本誌は、2月上旬、清志容疑者の “憔悴ぶり” を目撃している。

 

「日中は、関係者と打ち合わせをするためか、せわしなくオフィスを出入りしていますよ。表情は暗いですね……」(ビルの利用者)

 

 六本木ヒルズに居を構え、永田町の一等地にオフィスを持つ三浦夫妻だが、この暮らしが続くはずもない。同日、瑠麗氏より1時間早く退社した清志氏を直撃した。

 

――「FLASH」です。
「んなぁんだよ!」

 

 舌打ち交じりに記者を一喝すると、踵(きびす)を返してビルに戻った清志氏。六本木の夜の住人御用達のブランド「モンクレール」の高級ダウンを着て、東大卒の元エリート官僚とは思えない “チンピラ風” の恫喝である。

 

 元トライベイ社の関係者は、かつて本誌の取材にこう語っている。

 

「余裕がないのでしょう。清志氏はなんとか事を有利に進めるために、“無罪請負人” として知られる大物弁護士や、元検事の有名弁護士に相談をしているそうですが、難航しています。

 

 相談を受けた弁護士の一人は、トライベイ社が組成したファンドを清算して残金を返却することで、原告企業と和解するようにすすめたそうですが、本人は聞く耳を持たないようです」

 

 ついに逮捕となった清志容疑者。三浦瑠麗氏はSNS更新を再開しているが、いまだ夫逮捕へのコメントは確認されていない。今後の動向に、厳しい目線が注がれている。

( SmartFLASH )

今、あなたにおすすめの記事

社会・政治一覧をもっと見る