最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

堂安律は「日本舐めんじゃねえ」鎌田大地ら“ビッグマウス”放言のサムライブルーがこれまでとは違う理由

スポーツ 投稿日:2022.11.28 06:00FLASH編集部

堂安律は「日本舐めんじゃねえ」鎌田大地ら“ビッグマウス”放言のサムライブルーがこれまでとは違う理由

ドイツ戦で先制ゴールを決めた堂安律(写真・JMPA)

 

 FIFAワールドカップは、“世界最高の祭典”であると同時に、“選手の見本市”とも呼ばれている。

 

 大会には各国のクラブチームのスカウトが集結し、活躍した選手は、より好条件で移籍していくからである。

 

 その意味でも、日本がドイツを2-1で下した初戦のインパクトは大きかった。

 

 なかでも、同点ゴールを決めた堂安律(24)は、「(交代出場してからのゴールは)俺しかいないと思っていた」といった“ビッグマウス”ぶりも注目を集めた。その勢いは、翌日の取材対応でも変わらなかった。

 

 

「(大会前から)ヨーロッパがアジアを舐めているところがあったので、ふざけるなよって思っていました。独・フライブルクでプレーしているときも『(日本と対戦する)ドイツは余裕だね』って周囲が発言していたので、見返してやろうと思っていました」

 

 歯に衣着せぬビッグマウスで注目される堂安だが、ピッチを離れると、礼儀正しい年相応の青年に戻るところも彼の魅力だろう。

 

「ドイツ戦が始まる5時間くらい前に、SNSで『これまでどおり頑張りや』と送ると『ありがとう、頑張るわ』と。

 

 ゴールを決めたときに『よっしゃ~キタ~(笑)』と送ったら、試合後に『ありがとう』と、たくさんお祝いのメッセージが来ただろうに、律儀に返信してくれました」(堂安家と交流のある知人)

 

 日本代表で市場価値がもっとも高いのは、エースに成長した鎌田大地(26)だ。

 

「昨季は所属するフランクフルトのヨーロッパリーグ優勝で、その価値は約43億5000万円までになりました。今大会で勝利を決定づけるゴールなど、インパクトのある結果を残せたら、50億円を超えることは間違いありません。

 

 強気な発言で知られ、ドイツ戦後に『勝てると思っていたし、最低でも勝ち点1は取れると心の底から思っていた』と落ち着き払っていました」(サッカー専門誌記者)

 

 堂安の同点ゴールを演出した三笘薫(25)の評価もうなぎ登り。ブライトンでもスーパーサブの役割をこなし、「戦術は三笘」といわれるほど。

 

 そのドリブルは、世界最高レベルにあるプレミアリーグでも恐れられている。

 

「森保一監督が、『彼自体が戦術』と発言したことが元ネタです。三笘自身、『自分がそれだけの存在になれれば、チームとしての強みにもなると思う』と話すなど、まんざらでもないようです」(同前)

 

 また、浅野拓磨(28)の決勝ゴールをアシストした板倉滉(25)は、もはや日本代表に欠かせない存在だ。

 

「あのアシストにしても、ドイツが気を抜いた瞬間に縦にフィードしたもので、戦術眼にも長けています。『スペインに負けた東京五輪の借りはW杯で返す』と、雪辱に燃えています」(サッカーライター)

 

 5大会連続でW杯を取材するベテランカメラマンが、サムライブルーに強気な発言が増えた要因をこう分析する。

 

「今の日本代表は、これまでと比べて海外でプレーする選手が多い。海外では、一流選手相手でも物怖じせず、はっきり自己主張をしないと生き残れないんです。

 

 板倉はドイツ戦前の練習から余裕たっぷりで、カメラを向けるとサムアップポーズを取ってくれました。鎌田は『ドイツ代表は、僕がふだんプレーしているリーグの集合体で手の内はわかってるし、十分やれますよ』と、試合前から豪語していました」

 

“口だけ”なことも多かったかつての日本代表とは違い、今大会の若き彼らは、強烈なビッグマウスをやすやすと“有言実行”していく。

 

「W杯で日本が逆転勝利したのは今回が初めてなんですが、これまでは先に点を取られると下を向いたり、膝に手を置く選手がいて、一気に気持ちが落ちていたんです。

 

 でも、ドイツ戦ではすぐにセンターサークルにボールを置いて、まるで『早く始めようぜ』とでも言っているようだった。メンタルの面でも、日本は強くなったと思いますね」(前出・カメラマン)

 

 気持ちの面でも負けていない日本代表の陰の立役者が、あの大ベテランだ。

 

「4大会連続出場の長友佑都です。髪を金髪にしてカタールに乗り込み、試合では『みんなで燃えよう!』と赤に染め直して臨んだ。また、イタリア語で“勇気”や“自信”という意味の『コラージョ!』を練習でも連発して、チームを鼓舞しています。ほかの選手も口にするようになり、『やってやるぞ!』という自信に繋がったんだと思います。

 

 ドイツ戦の後も、浅野や吉田麻也らは『コラージョ』と言い合いながら、抱き合っていました。今大会、『コラージョ』は日本代表の合言葉となっています」(前出の専門誌記者)

 

 そして今回、誰よりも評価を上げたのが森保監督(54)だ。大会前は「選手交代が遅い」などとさんざん叩かれたが、ドイツ戦では打つ手打つ手がズバズバ当たった。

 

「0-1で負けている後半からDFの冨安健洋を投入しました。負けていれば攻撃的な選手を入れることが常套手段ですが、まずは守備を安定させて、勝負どころで攻撃的な選手のカードを4枚切ったのは見事でしたね」(前出・サッカーライター)

 

 森保監督には、メディアのみならず、関係者からも、「4年後の次のW杯まで続投を」との声が高まっている。ドイツ戦での歴史的勝利の翌日、森保監督は取材陣に涼しい顔でこう語った。

 

「昨晩はよく眠れました」

 

 日本社会の閉塞感を打ち破る彼らの快挙、本当にカッコよすぎる!

 

写真・JMPA

( 週刊FLASH 2022年12月13日号 )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入